映画アラジンを見てきた。ディズニー興味なくてもめちゃくちゃ楽しめた♥ウィルスミスさすが!

歌ありダンスありぬミュージカルっぽくて楽しめた!ネタバレあり

母が見たいというので、「実写版アラジン吹き替え」を見てきました。

私はディズニーには興味がなくて、「コンフィデンスマン」が見たかったんですけれども(笑)

これまで「アナ雪」は娘に誘われてかろうじて映画館で見ましたが、正直、面白くなかったです(笑)松たか子の歌が上手だったことしか記憶にありません。

テレビで放送されるディズニー映画も見たことがありません。

しかし、「アラジン」歌ありダンスあり、で、とても素晴らしかったです。もう一度見たいです。

レディースディに行って来よう。

ディズニーにきょうみのない方も、これは本当に楽しめると思いますよ。

ネタバレあります。

スポンサーリンク

アラジンと魔法のランプ、ね。

昔、「アラジンと魔法のランプ」という絵本を読んだ事があります。

しかし、「ランプから魔人が出て来て願い事を叶えてくれる」というくらいしか記憶がありません。

詳細は全く・・・💦

で、映画のアラジンですけれど、あらすじは、というと、

街の窃盗男「アラジン」がプリンセス・ジャスミンに恋をしてしまい、お城に忍び込むも、お城で王様の座を狙っている悪党ジャファーにみつかり、砂漠にある洞窟に連れて行かれ、その中から魔法のランプを持ってくるように、と命令され、アラジンはなんとかランプをもって洞窟から出ようとするけれど悪党ジャファーに騙され、閉じ込められてしまう。
しかし間一髪で、ペットのおさるさん・アブーがランプをジャファーから取り返してくれていた。
アラジンが何気なくランプをこすると、青い魔人ジーニーが登場!
3つ願い事を叶えてくれるという。
洞窟から出る、という願いは、アラジンがランプを擦らずに願った事をジーニーがフライングで叶えたため、3つの願い事からは除外。
アラジンはまず「王子になりたい」と願い、王子になり、プリンセス・ジャスミンの元へ。
アラジンだ、という事を隠してプリンセスに近づきますが、そのうちにジャスミンが気づき、二人は無事に良い関係に。
しかし、いつもアラジンの様子を見ていたジャファーのオウム・イアーゴが色々と気づき、アラジンの正体がジャファーにもばれてしまい、アラジンは海に突き落とされてしまう。
何とかジーニーに助けられて、これが2度目のお願い事命が助かりますように。
アラジンは王子ではない事がジャスミンや王にもばれて家に帰る途中、ジャファーにランプを盗まれてしまう。
ジャファーは、ジーニーに●国王にしてくれ●一番強い魔法使いにしてくれ、
とお願いをし、国はジャファーにのっとられ、ジャスミンと結婚することになる。
アラジンとアブー、それから魔法のじゅうたんはこれに対抗して戦うけれど、「一番強い魔法使い」になっているジャファーにはかなわない。
しかし、アラジンに「一番強いのはジーニーなのでお前はいつも2番手だ」と挑発されたジャファーは最後のお願い事に●「ジーニーより強い魔人にしろ」とお願いする・・・と・・・。
ジャファーはランプの中に吸い込まれていくのでした。
ちなみにココがちょっとよくわからない。2番目のお願いも確か、一番強い魔法使いだったと思うのですが・・・。まぁ違っていたらごめんなさい(笑)

アラジンはランプを取り戻し、「ジーニーを自由にしてあげて」とお願いをする。
すると、ジーニーは自由の身となり、ジャスミンに仕えていた侍女とハッピーエンドとなります。
王様は、ジャスミンを王にする事にし、王は法律を変えられる、という事で、ジャスミンはアラジンと結婚できることになるのです。

めでたし・めでたし。

こんな感じです。長かったですね😅

ちなみに、微妙に違っていたらごめんなさいです😊

スポンサーリンク

最後までむかついた、オウムのイアーゴ(笑)

さて、私の感想としては、

まずは全編においてい、オウムがむかついて・・・イライラしました(笑)

まあ、いう事が生意気で生意気で。

色々と偵察しては、ジャファーにちくることもむかつくのですが、これはまあ、鳥なので見ようと思えば見えてしまうので仕方がないとして・・・。

アラジンとジャスミンが魔法のランプを奪い返して、絨毯にのって逃げている時には、ジャファーの魔法により、オウムのくせにヘリコプターくらいのでかい鳥になって襲い掛かってくるのです。

街を破壊しながら、しつこくしつこく💦

とてもハラハラする場面なんですけれども・・・。

そして、アラジンが捕まった時には、ジャファーの横で

「やっちまいな」

とか言っていて、まじでこの鳥、なんなんだよ😠と思いました(笑)

最後の最後、ジャファーがランプに吸い込まれて行く時に、「一緒に来い」といわれるも、じたばたして逃れます。

一緒にいってあげればいいのに、ご主人様なんだから!

まったく、あのオウム。

スポンサーリンク

ウィルスミスも中村倫也も北村一輝も。

ウィルスミスが素晴らしいのは今更なんですが、青いウィルスミス、素敵でしたよ~♥

それから、全く予備知識ナシで見たわたしですが、「アラジン」の声が中村倫也さんだ、という事は劇中でわかりました。

それと、ジャファーが北村一輝さんだという事も。

ところが、ジャスミンの声は誰がやっているのかがさっぱりわかりませんでした。

で、映画のエンドロールを最後まで見ていると、一番最後に吹き替えの人の名前が出てくるのですが・・・
「木下晴香」さんという方だそうです。
私は間違えて「木南晴夏」さんかと一瞬思ってしまいました(笑)

その「木下さん」。歌が素晴らしい。

まじで、感動しました。

「アラジン」が歌う場面のほうが先だったので、中村さん、歌もうまいんだな♥などと思っていましたが、そのうち「ジャスミン」が歌い出すと、これまたお上手でびっくり。
更に「アラジン&ジャスミン」で「A whole new world」を歌うのですが、木下さんがめちゃくちゃ凄いんです。もうね、松たか子さんも素晴らしかったけど、こちらの勝ちですね。
中村倫也さんが微妙な感じに聞こえてしまいました😅

という事で全編にわたり、お2人、特に木下晴香さんの歌は素晴らしかったです。

まとめ。

という事で、「アラジン」は、何の知識もなくても、あらすじすら知らなくても、とても楽しい、素晴らしい映画でした。

とにかくダンスがすごくて、ノリが良いので退屈しません。

ジーニーが初めて出て来て、自分の紹介とお願い事の説明をする時のダンス、それから、アラジンが王子になってジャスミンのいる城に乗り込んでくる時のダンスが特に良かったです。

見て良かった♥お母さんありがとう、という感じです(笑)

まだ見ていない方、ぜひ見てみて下さいね~。

絶対に損はしない&もう一度見たくなると思いますよ~。

やっぱり一回だと、ちょっとよく分からないところもありますしね。

以上、「アラジン」の感想でした~😊

スポンサーリンク

Follow me!