ハワイの治安が悪くて怖い。常夏の島ハワイの裏の顔?

ハワイはアメリカです!

 

こんにちわ💛みやこです。

夏休みはどこに行きますか❔

ハワイなんていいですね♥♥

んー、みやこも行きたい、ハワイ🌴もう何十年も前に行ったきり・・・😢

憧れのハワイ♪日本語も通じるし♬

海外旅行はちょっと怖いけど、ハワイなら大丈夫♪

 

なーんて考えているあなた。

ちょっと待って下さい。

ハワイだってアメリカです⚠

油断していると、とても怖い思いをしてしまうんですよ。

つい最近も、悲惨な事件がありましたね。

楽しい旅行が、辛い思い出にないように、知っておくべき、ハワイの裏の顔のお話です。

スポンサーリンク

 近年、ハワイの治安が悪くなっているワケ

これは、アメリカ本土からホームレスが送られてきているから。

どうしてかというと・・・

◆ 暖かい。家がなくても大丈夫

◆ 生活保護が受けやすい

という理由からだとか・・・。

さらにハワイは

◆ 家賃が高い

◆ 賃金が低いので、家賃が払えない

よって、路上生活者が急増中!

10年前にはそんなに見かけなかったホームレスの方たちが、今では街をウロウロしているのです。確かに、18年ほどまえにハワイ🌴に行ったときには、そんな風景は見かけなかったような気がします。

ちなみに、あちらのホームレスとは「ドラッグ常習者」が多いようで、

日本ではあまり害のないホームレスの方ですが、ハワイのホームレスの方は危ないんです⚠

 

カカアコでの事件

ハワイ・ホノルルのマザーウォルドン近隣公園を訪れた日本人夫婦。夫が公衆トイレに入ったところ、現地の薬物使用車の集団に出くわしてしまい、顔面を殴打され、歯が折れるほどのケガを負ってしまった、異変に気付いて見に行った妻も首を絞められるなどの暴行にあい、一時期意識を失ってしまった。

 

 

という事件が先日起きました。

事件の現場となった場所は最近、ウォールアートで人気のカカアコ地区の公園です。

ネットで調べてみると、なるほど、「インスタ映え」する場所という事で、おすすめの観光地として紹介されていますね。

ここは、もともとは倉庫街で、治安も悪くホームレスがよく出没する地域でしたが、そこを再開発しようと、カカアコにウォールアートがたくさんでき始めたという場所です。

 

そんな人気の観光地で、このような事件は起きてしまいました。

 

それにしても、夜フラフラしていたならまだしも、この夫婦は早朝に訪れたそうで、気の毒でなりませんね😢

命があって本当によかったです。

この事件を受けて、在ホノルル総領事館から

「ホノルル市内カカアコ地区に関する治安上の注意喚起」

という緊急メールが発行されました。

 

お出かけの際には、細心の注意が必要ですね。お気を付けください。

というか、やめておいた方が良いかも❔

スポンサーリンク

その他の事件。

随分と昔の話ですが、私の友人が25年くらい前にハワイに行った際、バスの中でスリにあったと言っていたのを思い出しました。確か、バスから降りたらカバンが切られていて、財布が盗まれていたとか言っていたような・・・。

でも、気づいて騒いだら、暴行されていたかもしれないので、気づかなくてよかったと言っていました。

25年も前からそんな事があった事を思い出しました。

私は、結婚式をハワイで挙げたのですが、まぁ、呑気に夜ダンナとフラフラしていました。今考えるとゾッとします😱

さて、ここからは現代の話。

◆ヒルトンホテルのエレベーター内で強盗にあってしまった老夫婦もいます。

ここまでくると、ハワイが安全って誰が言ったんだ❔

と思ってしまいます。ホテルが安全じゃないなんて😱

◆ハワイからの帰りの✈飛行機のトイレ内で襲われそうになった女性もいます。客室乗務員がトイレをこじ開けて助けた、との事ですが、✈飛行機はホノルルに引き返したのだとか。まあ、これは現地で起こった事件ではありませんが、犯人はハワイの方です。

その他、

◆レンタカーを置いておくと、カーナビまで盗まれる

◆アラモアナショッピングセンターのトイレでも、並ぶような混雑しているトイレ以外は危険。

◆ワイキキビーチの置き引きも多発している

◆喫煙所で🚬をねだられた。

◆高級ホテルからタクシーにのるとボられる。

だとか、もうね、みんなそんなに危険な目にあっているの❔❔❔

それにしても、よく日本語が通じる、と聞きますが、私が行った時は日本語なんて全然通じませんでしたけれど・・・。まだサイパンのほうが通じたような・・・

今は違うのかな❔❔❔

 

スポンサーリンク

 治安に気を付ける場所

◆ 夜のダウンタウン、チャイナタウン辺り

◆ カカアコ

◆ 夜のアラワイ運河辺り

◆ 夜のクヒオ通り

◆ ワイマナロビーチ周辺

◆ オアフ島の西側

◆ 公衆トイレ

公衆トイレって普通に🗾日本でも夜は怖くて近寄れませんが、おなかの弱い私には「最後の砦」なので、使用できないって辛いですね。

もう海外には行かれないです😢

 

保険のすすめ!

カカアコ地区で被害にあってしまった日本人夫婦は、保険に入っていなかったようで、現地での医療費が500万にもなってしまったのだとか❕

やはりハワイは安全だと考えていたのでしょうか❔

暴行を受けるとまでは想像できなくても、病気にかかってしまう事は十分にありえる話なので、海外に行く時には、必ず「海外保険」に入りましょう。

そこは節約するところではないですね!

クレジットカードには「海外旅行保険」が付帯している場合が多いですが、スリや紛失などなら十分でも、治療費となると、値段的には全くたりません。なのでやっぱり別で保険に入ったほうが安心です。

また、クレカの保険は、

◆持っているだけで利用できるカード

◆1度でも現地でカードを使用しないと保険がおりないというカード。

など、それぞれ規約が違います

旅行に行く前に、しっかりと確認しておきましょうね。

保険は万能ではありません。いざという時に

「えー、保険使えないのかよー👹なんで降りないの❔」

なんてコトは日本にいても、多々ありますよね。それでも、降りる保険もありますからね、しっかりと中身を確認して入ると良いです。

ラスベガスの銃撃事件でカナダ人の被害者は、治療費が数千万になってしまって破産の危機らしいです!

楽しいハズの旅行で人生詰まないように、

備えあれば患いなし!です。

 

前記した、私の友人も保険でしっかり新しいカバンを買っていましたよ。

 

楽しい思い出になるように。

ハワイ🌴というと、どうしても「安全」というイメージがあります。

でも、ここはアメリカなんです。

油断は禁物!気を引き締めて行きましょう。

ハワイは観光都市なので、事件の報道はほとんどされません。でも、実はたくさんの事件が起こっています。

とは言っても、わたしもいまだにピンときませんよ~。だって、有名人だってたくさん住んでいるし、危険だ!なんて聞いた事がないですからね。

日本でも、新幹線に乗っているだけで切りつけられてしまう昨今です!

何が危険か、もうよくわかりませんが・・・

それでも、

夜は出歩かない、治安の悪い場所には近づかない、など、少しでも危険を回避するように心がけましょう。

お土産と、楽しい思い出だけを持って帰りましょうね~。

では、では✋

暴行されたご夫婦の情報はこちら icon-unlink 

スポンサーリンク


 

 

 

 

Follow me!