「ホリデイラブ」1話感想。仲里依紗ちゃんはサレ妻ばかりでかわいそう。

今度はどんな風にダンナを追い詰めるのか!里依紗ちゃんと思ったら・・・。

すっかり「サレ妻」が板についてしまった仲里依紗ちゃんですが、「ホリデイラブ」では「あなそれ」の時とはちょっと違いますね。
あんなに暗くないし、仕事もしているし、おしゃれだし、自分も浮気しそうな感じではあります。

最初の結婚式の時から黒い羽根ガヒラヒラと舞い降りてきたりと不吉な感じですけどもね。
どんな「サレ妻地獄」がまっているのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 悲劇は単身赴任から。「うちだけは大丈夫」なんて残念ながらありえません!

絵にかいたような幸せな家庭だった里依紗ちゃんち。
妻は自宅でやっているネイルサロンも順調。
イケメンダンナの純平(塚本高史)はDIYもやっちゃう優しいパパ。
・・・でも食事の前に手を洗わなかったのが気になった(笑)
かわいい娘。

そんな家族ですが、パパが単身赴任で静岡へ。

そこで「井筒里奈」なる人妻と知り合い恋に落ちてゆくわけです。

ちなみに私の知り合いでも夫が単身赴任中に浮気をしてそのまま帰ってこなかった人がいます。
逆に嫁に浮気をされた人もいます(笑)
どちらも離婚していますね。

毎日一緒にいると煩わしいし、少し離れると浮気するし、結婚生活って難しい。

でも一つ言えることは
「うちだけは大丈夫」
なんて事は絶対にないって事ですね。

 

 「井筒里奈」のブリブリが見るに堪えない。この女何歳の設定なんた❔

さて、里依紗ちゃんのネイルサロンに予約の電話が入ります。
名前は「さかぐちれいか」

でも、電話をしてきたのは恐らくパパの浮気相手「井筒里奈」です。
そしてやってきたのはへんなスピリチュアルをしている「さかぐちれいか(壇蜜)」

この壇蜜も・・・ 👿

人の携帯を勝手にいじる、とーっても嫌な客です。
そしてアプリまでいれちゃう。
もう好き勝手にいじる、いじる。
興味がないって言っている人に強引な勧誘。ああ、イライラ 👿

いくらお客さんだって、普通言いますよね。
「勝手にいじらないで下さい」って。
私だったら次回の予約はとらないかもです。
自宅でやっているからには、変な人を入れないようにしないと防犯上もよくないですし。
壇蜜さんにもかなりイライラしたのですが

「井筒里奈」さんの登場で
壇蜜さんへのイライラが吹き飛びました(>_<)
この女。
一体何歳の設定かよ。
と思ったら29歳だとか。
んー、微妙ですが、「井筒里奈」確かにかわいい。

この人になびかない男の人はいないかもしれないですね。
この裏声、このしぐさ、このブリブリ。

とにもかくにも、塚本パパ、結婚式場で「井筒里奈」をちょっと助けてしまったところから
「連絡先を教えてくれ」と言われ、恋に落ちてしまうんです。

スポンサーリンク

 見たくなかった!間男、塚本パパの情けない姿。

そして塚本パパはなぜか「井筒里奈」の自宅で愛し合います。
なぜ、人妻だとわかっていて「自宅」なのでしょうか❔
これも謎ですね。
それは置いておいて、この2人のからみ合い、かなり濃厚でしたね(笑)

前に「クズの本懐」を見た時も結構凄かったのでびっくりしたのですが 😯
それ以来の衝撃でした。
もう、オバサンハズカシイ 😳

そしてお約束、「ダンナが帰宅」

塚本パパは、シャツにパンツというあられもない姿で立ちすくんでいるのです。
こんな時、人は何を考えるのだろうか❔
せめて服でも着ていればまだ恰好はつくものの、下半身はパンツのみ(笑)
クローゼットはなかったのか❔
もう、この姿、情けない~。
浮気なんてしたバツですね。

そして、眼鏡のダンナにぼこぼこにされてしまいました。

 

 チクりに来た眼鏡のダンナ。

何もしらない里依紗ちゃんのところに眼鏡ダンナが乗り込んできます。
ピンポン連打で。

そして里依紗ちゃんに告げます。
「あなたのダンナはうちの嫁と浮気した」と。

その途中に塚本パパがボコボコの顔で登場します。
「ごめんね」とか言って・・・。
眼鏡ダンナは極めつけに言います。
「ゴミ箱には使用済みのコン●ームが捨ててありました」と。

かわいそう里依紗ちゃん。
この瞬間から「サレ妻」としての生活が始まってしまいました。

眼鏡ダンナは慰謝料を請求するそうです。
里依紗ちゃんも「井筒里奈」に慰謝料請求することはできないのですかね・・・。
一方的なのはかわいそう。

そして塚本パパの「言い訳タイム」が始まります。
なれそめから話し出すパパ。
しかし、この「井筒里奈」
メールの文章から、あの笑い方から、もうJKかよっ!
イライライライラ・・・。
なにが
「帰りたくないなー😢」だよ、コノッ。

あんまり言うとオバサンのヒガミに聞こえちゃいますね(笑)

スポンサーリンク

 眼鏡ダンナが自分の嫁を怒らないのはなぜ❔やっぱりかわいいからか❔

眼鏡ダンナは帰りのタクシーの中で自分の嫁「井筒里奈」に電話します。

「あの男の嫁にチクってきた」と。
「泣いて嫁に謝ってた、情けない。お前にも見せてやりたかった」と。
・・・泣いてたかな❔❔❔

でもこの「井筒里奈」
あんな事があったのに自宅で楽しそうに笑いながらキュウリを切っているんです。
そして眼鏡ダンナからの電話のあとは・・・。

ネイルサロンのサイトに載っている里依紗ちゃんを見つめて笑い出します。
そして軽く踊りだします。ららららー。

やっぱり、「さかぐちれいか」といってネイルサロンの予約をしてきたのは「井筒里奈」のようですね。
壇蜜と「井筒里奈」の関係は❔

来週は、塚本パパ
「家に帰ってこないで」
と言われてしまいますね~。
まあ仕方がないですね。
里依紗ちゃんの気が済むまで好きにしておいたほうが良いですね。

しかし、しかし、「井筒里奈」はまだまだしつこく塚本パパに迫るようですね。

このドラマ面白い。
来週が楽しみです~。

 

Follow me!