湿気でカビ発生。対策、予防はコレ。

梅雨に備えて、カビ対策をしておこう♬

 

こんにちわ💛

みやこです。

昨年の秋は長雨で

「梅雨より秋のほうがカビの発生率が高い」

なーんて言っていましたが、やっぱりねえ、梅雨は「カビ」の季節ですよね。

一度発生してしまうと、掃除が大変なので、ここはしっかりと「カビ対策」をしておきたいですよね~。

という事で、かび予防のご紹介です♪

 

スポンサーリンク

カビの原因。

そもそも、カビは、湿度と温度が高いと発生してしまうんです。

 

みなさんのお宅でも、閉めっぱなしの押し入れの中がカビ臭くなったりしていませんか❔

そして、恐ろしい事に、この湿度と温度のコラボレーションでダニや害虫も発生してしまうんです😱

怖いですね( ゚Д゚)湿度と温度!

お風呂場にカビが発生しやすいのは、この「温度と湿度」のコラボレーションのせいですね。

温度は・・・梅雨の時期は、春より高くなってしまうのは仕方がない事として、

湿度のほうは、なんとか予防したいものですね。

スポンサーリンク

湿気とりには、地味にコレ!

我が家では、クローゼット内や、クロスなどにカビが発生した事は、引越してきてからは
今のところありません。

★違うところはあります(笑)

その方法をご紹介しますね~。

 

 みずとりぞうさんなどの除湿剤

我が家では、ドラッグストアで大量に買い占めてきます!

なーんだ、そんな事❔

とバカにすることなかれ!

シンプルにこれが一番効き目があると、私は思っています。

これのポイントは☝

  • 洗濯物を干す部屋には大量に置く
  • 我が家では、部屋に10個その部屋のクローゼット(布団が入っている)に10個。
  • 衣類が収納してあるクローゼットに6個ずつ
  • 納戸に10個
  • 下駄箱、洗面所、トイレに2個ずつ
  • シンク下に5個

ケチらず買って、ふんだんに使用する事です!

なお、我が家は 年中「部屋干し」ですが、その部屋以外の「みずとりぞうさん」は、

年末まで交換しなくてOKですね♬

 

 お風呂場の換気扇はつけっぱなし。

ずーっと回しています。

それでも「カビ」は発生してしまいますけれども。

その時は「カビキラー」です!!

 

 リビングのエアコンを「ドライ」で使用。

これは、暑さにもよりますが・・・。

私は更年期(笑)で暑がりなので、基本、6月くらいになるとずーっとつけています。

 

 クローゼットの扉を片方開けておく。

風通しをよくするために、どこのクローゼットも、片方だけ開けています。

全部開けてしまうと、なんか、汚く見えてしまうので(笑)

 

 シンク下の扉は半開きにしておく。

なんか、だらしのない人みたいですけれども、それもこれも「風通し」のためです。

 

 除湿器の使用

リビングはこれですね。

 

 布団乾燥機をこまめにかける。

ダンナのベットにも頻繁にかけないと、カビが発生してしまいますので(笑)

 

こんな感じですね~。
我が家では、かなり効果があるので、参考にしてみて下さいね(^^♪

 

ジメジメしたら、「ハッカ油」を!

暑いし、雨だし、ジメジメするなぁ・・・
と思ったら、「ハッカ油」を噴霧して下さいね~。
特に、「洗濯物を部屋干し」している部屋には、効果的ですよ。

その名の通り、「スーッ」として清涼感抜群ですので。

それに、害虫予防にもなりますので 🙂

発生してしまったカビには、こちら

 

それから、雨で、「部屋干し」する場合、柔軟剤は使わないかほんの少しにしたほうが良いですよ。渇きが遅いと、柔軟剤が臭くなりますので(ToT)/~~~

では、みなさま、

快適な梅雨をお過ごしくださいね~✋

スポンサーリンク


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!