麒麟が来る⑱越前へ~信長怖すぎて震えた。

信長が怖すぎて、出番の多かった十兵衛の影が薄くなった。

いやあ、

信長怖かったですね。

朝見た孫も震え上がっていました。

「のぶながこえーーー😱」

と。

今回出番の多かった光秀ですけれど、

やっと主役っぽくなってきたのに、

後半の「織田家」にやっぱりもっていかれてしまいました💦

残念。

スポンサーリンク

ユースケ義景がこれまた絶妙。

先週、高政に反旗をひるがえし、

明智の壮を逃げ出した十兵衛たちですけれども

尾張へ向かうという時に、駒たちが現れ、そちらは見張りが多くて無理だと知らせてくれました。

北へ行くしかなくなった明智ご一行。

光安おじうえは、炎上する城と運命をともにしたようです😢

逃げている最中に井呂波太夫に出会い、越前の朝倉義景にかくまってもらうことになりました。

帰蝶さまの計らいですね。

そうして、お待ちかねのユースケ義景が現れました(笑)

これがまた、素晴らしい配役でしたねえ。

なんだかバカ殿みたいで笑えました。

あーだこーだ言っていましたが、十兵衛の座っていた場所を家臣に拭かせていたのには驚きました。

「もっとえぐるように拭け」だっけ。

たしかに十兵衛は汚かったけれども・・・。

今でいう「コロナ対策」か(笑)

潔癖症なユースケ義景さんでした。

 

信長弟の謀反。帰蝶の悪玉っぷりにびっくり。

信長が弟をヤるのは知っていましたが・・・。

「麒麟が来る」では

なんと帰蝶がそう仕向けたようになっていて、これまたびっくり。

帰蝶さま、さすが道三の娘だな、という感じですねえ。

「顔をみてお決めなされ」だっけか。

怖い怖い。

そして、ブチブチ言いながら清州城にやってきた弟。

裏声を出して、仮病の信長を見舞いましたが、

持参した「体に良いという水」は毒入り😱

でも・・・

弟もさ、もし信長がその「水」を飲んでしまったとしたら、

無事に清州城から帰れると思っていたのでしょうかねぇ。

「愚か者」ですよね。

結局は、自分の持ってきた毒入りの水を飲むはめになり、命をおとします。

信長の

「お前が飲め!」

まじで恐ろしかったです。

その後に廊下にいた家臣たちがさらっと入ってきて、弟を取り囲むところも怖かった。

それにしても、母にはかまってもらえず、

弟は、自分に毒を盛りにくる。

可哀想だな信長。

そう思うと

あの怒りもわからないではない。

それもこれも全部母親のせい。

母親も人間なので、同じ我が子でも「合う合わない」があるというが・・・。

まあ、それも分からなくはないけれど💦

可愛がっている、平等に扱うフリくらいはするべきだったな。

母に愛されないといえば、徳川家光もそうだったな。あの人も後々弟をやってしまったような気がするけれど、どうだったかな・・・。

そんな感じで、

前半の明智家のゴタゴタは、すっかり影が薄くなってしまいました・・・。

駒ちゃんを助けた人が十兵衛のお父さんだったことなんて、

なんか別にどうでも良いというか・・・そんなに興味ないですからね。

まあ、やっぱりそうなんだ、ぐらいな感じですよねぇ😞

という事で、

ユースケ義景と、信長おっかない😱

帰蝶もなかなか恐ろしい💦

という「麒麟が来る」でした。

 

麒麟が来るは6月7日をもって一時休止するそうです。

残念過ぎるな。

もうね、これしか楽しみがなかったのに・・・。

全話録画してあるので、再開するまでは、おさらいでもしてようかな。

とりあえず、あと数回は放送するので、

楽しみましょうね~。

来週は、また高政が出てきます。

それから、信長は母親に何か言われていますね。

可愛い弟を殺されて、母親ブチ切れたのか???

早く見たいですね~✋

スポンサーリンク

Follow me!