長引く頭痛!硬膜下血腫かも❔誤診に注意!

長引く頭痛は要注意!

みなさんはどんな時に頭が痛くなりますか❔
頭が痛くなって「風邪かな❔」と思ったり、
発熱と共に「のど、頭、間接」なんかが痛くなったりしますよね。

風邪が治るとともに頭も痛くなくなればそれは恐らく本当に風邪ですね。

よかったです。

ですが、熱がひいても、頭痛だけが治らず、それどころかどんどんひどくなっていく・・・。

そんな時は何かの病気かもしれません。。
早めに病院に行って下さいね。

例えばその時
病院に行くと、ろくに検査もせずに

お医者様
肩こりからくる頭痛です

などと、なんか腑に落ちない事を言われ、

それでも、お医者さんがそういうなら・・・と

せっせと整体に通ったりして、

「命の危険」を感じて再度病院に行ったところ

「硬膜下血腫」だった・・・。なんて事もあるんです。

これは私のダンナの身に起こった事なんですけれどもね。

初頭痛からじつに3か月・・・。生きていてよかったですよね(>_<)

スポンサーリンク

  始まりは「発熱」だった。

頭が痛くなるのって、実は風邪でもないのに「発熱」を伴う事がほとんどだと思います。
私も「片頭痛」持ちですが、
初めて「片頭痛」になった時には高熱を出しました。
その後20日くらい頭痛だけが収まらなかったという辛い経験をした事があります。

さて、私のダンナも、
発熱したので、「風邪」だと思ったんです。
ですが、頭痛だけが治らない。

薬を飲んでも一向にきかない・・・。

なかなか仕事を休めないので、病院にも行かずにいたのですが、

さすがに暇を見つけて病院に行きました。

診断は、
何の検査もせずに

 

お医者様
肩こりからくる頭痛です

でした。

触った感じが「肩が凝っていた」んでしょうね。きっと。

ダンナ
肩こりだって・・・

そんなに凄い肩こりだったっけ・・・❔

 

 硬膜下血腫って❔

そもそも、「くも膜下出血」はよく聞く病名ですが、

「硬膜下血腫」とは❔❔❔

めちゃくちゃ簡単に言うと、頭の中で出血するのは同じなんですが、その出血の場所が「くも膜」からではなく「硬膜」だと「硬膜下血腫」と呼ばれるそうです。
急性の場合もあるそうですが、ダンナは慢性だったようで、
じわじわと時間をかけて出血してくるという感じです。
手術した時には180mlほどの血液が溜まっていたのだとか。
怖いです。

スポンサーリンク

 「硬膜下血腫」の原因は❔

そして、原因は❔というと、
どこかで頭をぶつけているんだと思います。

 

私のダンナの場合ですと、
「スノボー」で転倒したのが原因と思われます。
ですが、発熱して頭が痛くなったのはその約1週間後です。
なので、本人は「スノボーが原因」とは思わなかったようです。
だって、痛かったのは転倒した時だけだったようなので。
まさか1週間後にそれが原因で再度頭が痛くなるなんて思ってもみなかったようです。
もしも、病院で

ダンナ
  発熱する少し前に転倒して頭を打っています

と言っていれば、また違ったかもしれませんね。
でも、その時には、夢にも思っていませんでした。

「硬膜下血出」と分かれば、
「スノボーの転倒が原因だろうな」
と思います。

スノボーをやられている方、
ヘルメットは着用した方がよろしいか思います。
スキーは横に転ぶけれど、スノボーは後ろか前に転倒します。
危険です、はい。

他にも「チラシを見ながら歩いていたら電信柱にぶつかった」方もいらっしゃいます。

 

 

 なぜこんな事に・・・

初めて病院に行ったときに
「肩こりからくる頭痛です」
といわれてしまったことから、
ダンナが病院に行かなくなってしまったので、結果的には発見も遅くなったんですね。
その代わりにせっせと「整体」に通います。
しかし、一向に良くならず・・・。

かろうじて仕事には行くものの、
食欲はなく、晩酌もしなくなり、すぐに寝てしまうようになり、
長い間の頭痛によるストレスからか
円形脱毛症になり、
目の下には紫色の「クマ」が・・・。
もう自分でも「限界」だったのだと思います。

一人で勝手に病院に行きました。

病院の先生にも恐らく「重病人」に見えたのだと思います。
すぐに検査をしてくれて、
その後は車いすに乗せられて、
歩行すら禁止されたようです。

そして「緊急手術」

連絡が来てすぐに同意書をかかされて、簡単に説明を受けました。

これで楽になる。
良かった。

と同時に
「ここで、肩こりによる頭痛っていわれてるんですけれど」
そうも言いました。

お医者様
頭痛の時は肩こりからくる事が多いんです!

・・・。
何ともまあ・・・😢

大門未知子先生がいてくれたら(>_<)

 

 フタと取り残し。

手術も無事に終わり、5日ほどで退院したダンナですが、
術後の経過もよくなくて。
しかも、頭も痛いと言い出しました。
そしてその原因が

  • 血液の取り残し
  • 穴を開けた骨にかぶせたフタが合わない

との事。
「フタ」については
頭蓋骨に穴を空けて血液を取るのですが、その穴を塞ぐ「フタ」がまれに合わない人がいる。
とか、事前に説明がありました。

しかし、「取り残し」って・・・❔

これ入院費払うのか❔

 

そんなこんなで、2度の手術でやっと元気を取り戻したダンナでした。
フタに関しては、つけるのをやめました。
特に問題ないです。

スポンサーリンク

初期の段階で検査をしてもわからない事もあるとか。

テレビでやっていたのですが、
どなたか芸能人の方が、やはり「硬膜下血腫」だったそうで、
その方は初めに病院に行ったときにきちんと検査をされたようです。
ですが、「硬膜下血腫」の「慢性」はちょっとずつ、少しずつ出血するものなので、
「異常ありません」

気づいてもらえなかったようです。
そして、
うちのダンナと同じように、長い間苦しんだと言っていました。

なるほど・・・。
誰にでも起こりうる事なんですね。

その方はどんな感じで頭をぶつけたのかは、ちょっと忘れました 😯

 

 私の片頭痛の時には・・・

その後、私が吐き気を催す程の「頭痛」に襲われて、救急車を呼んだ事があるのですが、
その時はうちのダンナ、

ダンナ
  すぐに検査して下さい

と言っていました。
肩こりと言われて帰されるのが嫌だったのでしょうかね❔

 

私は、頭には異常がないとの事で、最終的には「髄液」まで採取して検査しましたが、
何の病気でもなく、最終的には「片頭痛」との事でした。

これは「誤診」ではないと思います 🙂 

 

 「たかだか頭痛くらい・・・」なんて思っちゃダメです!

皆様も、頭痛にはご注意下さいね。
「肩から・・・」
「歯から・・・」
そんな事を言われても、
ちゃんと言って下さいね。
「検査して下さい」と。
そして、治るまでは何度でも病院に行ってください。
忙しいのでなかなか、
「頭痛くらい・・・」と思ってしまいがちですが、
「硬膜下血腫」なのに車の運転とか、本当に危ないです。

それから・・・
頭はぶつけないように気をつけましょう。
スノボーの際は、「ヘルメット」忘れずに・・・。

 

 

 

Follow me!