もしも、自分が若かった頃にコロナで自粛だったら!

自粛はしていなかっただろうな・・・と。

自粛生活、いかがお過ごしでしょうか。

今、芸能人の方が、GWに沖縄に行った、とかって批判されていますね。

まっけんゆうさんでしたっけ。

石田純一さんも、いろいろと・・・。

まあ、一日も早く収束してほしいと、毎日自粛している方からすれば、

「けしからん」

となる気持ちもわからなくはありませんが

もしも、自分が17.18くらいの時にこの「コロナ」が流行していたら、

と、ちょっと考えてみました(笑)

スポンサーリンク

ネットなし。リモート無理。情報は新聞かテレビのみ。

私が未成年の遊びたいさかりだったころは、

■パソコンが普及していない。ネットなし。

という事で、

まず大人がリモートワークなんて無理。

という事は、たいていの大人の人は、出勤するしかなかったはず。

なので、子供も「自粛」なんて感覚が全くなく、

たとえ、学校が休校になったとしても、

小学生、それも低学年以外は、みんな「ラッキー」とばかりに遊び惚けていたと思われます。

中には、まともに家にこもる人もいたかもしれないけれど、

ちょっと考えてみても、私のまわりにはそんな人がいなかったような気が・・・💦

携帯電話もネットもないので、

今のように、情報が集まるわけでもなく、

SNSで特定されるわけでもなく、

まあ、人づてに近所では

「あの子感染したのよ」

なんて事はあるのかもしれないけれど、全国的に知られてしまうなんて事はまずありえない。

でも、近所で噂になれば、もしかしたら住んでいられなくなるかもしれないし嫌がらせなどもされるかもしれないけれど、

今の若い人たちと一緒で

「自分は大丈夫」

と、きっと出歩いていたと思われます。

「コロナだから家にいる」

なんて友達に口がさけても言えないようなお年頃だしな。

そう考えると、

今の若者は本当に気の毒だな。

そして、私が若いころじゃなくて本当によかったと思う。

万が一、罰則などを設けられて、

どうしても家にいなければならなくなったとして、

あの狭い家に、家族4人で引きこもるなんて、本当に地獄以外のなにものでもなかったと思う。

そして、我慢できずに遊びに行き、

親に叱られ、また外に行き、さらに叱られ、しまいには追い出されたかも(笑)

想像するだけでもぞっとする。

 

今ほど清潔じゃなかった日本。

私が未成年の頃は、

病院が汚かった。

近所の市民病院は、待合室にハエが飛んでいたし、

入院したことのある田舎の中では大きな病院も、古くて汚くて、トイレは和式だった。

古いだけで汚くはなかったのかもしれないけれど、

古いというだけで汚く見えていた。

公園の公衆トイレなんて、使用するのもはばかれるくらいに汚かったし、

サービスエリアのトイレすら汚かった。

今は、病院も建て替えられている事の方が多くて、

汚い病院のほうが少ない気がする。

公衆トイレにも、役所から清掃の方が毎日来てくれて、わりときれいに保たれているし、

サービスエリアのトイレなんて

「金のトイレ」なんてものがあるくらい、素晴らしい。

犬のフンはあちこちに落ちていて、油断すると踏んでしまう。

ガムもたくさん落ちていて、こちらも靴につくとまずイライラする。

立小便する男の人もたくさんいたし、

たばこの吸い殻なんて当たり前。

あの時生きていて、それが「汚らしい」とは思ったことはなかったけれど

改めて思い出してみると、今とは全然違う「日本」だったと思う。

紙マスクなんて、見たことがなかった時代。

あの頃にコロナが流行っていたら、やばかったんじゃないの・・・と思ってしまう反面

もしかしたら

汚いので、結構みんなウィルスに強かったりするのかしら????なんて。

まあ、よくわかりませんけれど。

とにかく、コロナが流行らなくて本当によかった。

スポンサーリンク

娘が未成年の頃だったら・・・。

自分の時は、そんな感じで

とにかく小さな家に家族全員で引きこもる、なんて考えるとぞっとしてしまうけれど、

では、

自分の娘が未成年の時だったらどうだっただろう。

うちの娘もまた、「自粛」は絶対にしなかっただろうと思う。

そして、私やダンナも今ほど「コロナ」に恐怖を覚えず、

まあ、でも適当に自粛するかな。

くらいのノリだったかもしれない。

しかしながら、遊びあるく娘にはイライラしてしまい、

これまたけんかになっていたかも。

こちらも想像すると、ぞっとする。

けんかけんかまたけんか・・・💦

娘が未成年の頃に「コロナ」が流行らなくてよかった。

 

コロナめ!

だからといって、今だからいいという訳でもない。

今だって、日曜日のたびに3食作り、一日中ダンナと一緒にいるのも辛い物がある。

ぼさぼさの髪の毛も、もういやだ。

なにより、見えないウィルスが怖すぎる。

早く消滅してほしいコロナ。

こんな事を書いてしまうなんて、

私ももしかしたらコロナ鬱なのかもしれない・・・。

スポンサーリンク

Follow me!