お風呂の鏡の白うろこ、最後の手段は削り落とす。どうにもならなかった時にはやってみて。

お風呂掃除の難題!「鏡のウロコ」

 

こんにちわ♥

一気に寒くなって、今年もあと残りわずかだなぁ・・・と、

また一つ年を取ってしまう寂しさを感じておりますみやこです😢

さて、年末の一大イベント「大掃除」ですが、

ズボラ㊛のみやこが、

お風呂の鏡をきれいにする方法をご紹介します。

鏡がきれいだと、家族が

「おっ♥掃除したな!」

と思ってくれるので、お風呂掃除はココさえ押さえていればまずOK(笑)

後は、「カビキラー」が解決してくれますからね。

頑張りどころですね 😉

スポンサーリンク

🛁白ウロコの正体は!

毎日浴槽を掃除する時に、ついでに鏡を洗剤でなびっている方も多いと思います。

みやこもそうしているんですけれどもね・・・。毎日じゃないですが。

それでもこびりつく白いウロコ!憎たらしいですね 👿

コヤツの正体は

■水道水による水垢

■石鹸カス

です。

ちなみに、みやこ宅では、浴槽の淵にも白ウロコが発生します。

困りましたね😢

 

🛁まずは、試してみましょう!

でも、そんなに嘆く事もないんですよね。

ネットには、

「🛁お風呂の鏡の掃除の仕方」

がたくさん紹介されています♥

まずは、やってみるべきですね。

みやこが試したのは

 

 

  • 重曹
  • 「激落ちくん」でこする
  • ネットで購入した鏡磨きの洗剤
  • 歯磨き粉・ザクト

 

 

 

 

 

さて、結果は・・・みやこ🏠の鏡があまりにも頑固だったのか

どれもぱっとしませんでした😢

「鏡磨きの洗剤」に関しては、話になりませんでした。ザクトと大して変わりなかったです。

(どちらも研磨剤が入っている)

 

色々と試しているうちに、やる気スイッチがOFFになってしまいましたよ(笑)

でも、きれいになっている人もいらっしゃるので、試してみて下さいね。

みやこと同じように

どれもぱっとしなかった方は「最後の手段」をどうぞ。

スポンサーリンク

🛁最後の手段は紙やすり

 

みやこが最後の手段に選んだのは

100均の紙やすりで

「削り落とす」

です。

これには、リスクが伴います。

削り落とす=ガリガリ削る=傷がつく

勇気のある方はお試しください。

 

🛁傷を極力つけない方法

なるべく、傷をつけないようにするには

■右手に紙やすり、左手に乾いた雑巾をもって、少し削ったら雑巾で拭き、傷の様子を確かめながら作業する。

 

要するに、

■「白ウロコ」だけを削って鏡は削らない微妙なところで辞める。

という高度な技が必要となります。

 

上手くやれば、白ウロコだけを削れるのですが、

なんせ、鏡がでかい!

みやこは途中から面倒になって、力任せにガリガリやったので

結構な小傷がつきました”(-“”-)”

ですが、全身きれいに見えるようになって自分的には大満足です♪

 

調子にのって、蛇口廻りとか、シャワーヘッドとか、色々と擦ってみましたが、

こちらもみやこ的には大満足♬な仕上がりとなりました。ワーイ🎌

 

鏡なので、自分が写ってしまい、お見せできないのが残念ですが、

なかなかきれいにはなりますよ(^_-)-☆

また、浴槽の淵に付く「白ウロコ」はそんなに力を入れなくても落とせるので

傷はほとんどつきませんでした。

 

 

 

ガリガリ削るので、腕はとても疲れます。

でも、これは上記した「鏡用の洗剤」を使用する時も同じです。

腕痩せダイエットと思って頑張りましたよ。

 

 

 

まとめ

紙やすりで削り落とすには

■小傷がつく。

■腕が痛くなる。

■忍耐力が必要。

でもでも、

■1回やると、1年後は、そんなに苦痛ではなくなる♬むしろ楽しみ(笑)

ホントなんですよ(笑)

 

洗剤などで、どうにもならなかった時には、

試してみる価値はありますよ~。

 

という事で、

大掃除、頑張りましょうね~。

ではでは✋

スポンサーリンク

Follow me!