最近のお墓事情。墓じまいが増えているワケ。自分のお墓どうしよう・・・

昔の概念は捨てろ、とは❔

最近、親を亡くして、お墓を探しています。

何件かの霊園を訪ねたのですが・・・

勧められるのは永代供養ばかり。

昔のように墓石をたてるのはよくない事なのでしょうか💦

スポンサーリンク

霊園は石屋が運営❔

霊園のチラシなどを見るとわかるのですが、霊園は「石屋」さんが運営している事が多いんです。

そうではなくても、霊園には「石屋」さんが常駐しています。

墓石の営業ですね。でも、そうでもないのです。

霊園に行くと

まず、勧められるのは・・・。

永代供養塔のほうなんですよ。

これはどうしてか❔というと・・・。

この先長い事続く「墓の管理」に霊園の方も手をやいているのかもしれない、という現実が浮かび上がります。

 

 子孫が続くと思われる人。

例えば、子孫がこれからもずーっと続く、と思われる方は、これまで通りに墓石を建て、年会費を払いつづければ良いのです。

ところが、先祖代々のお墓が、「寺」にある方。

「寺」は、お布施があります。

「寺」にお墓がある限りは断ることはできません。

なので、この「お布施」を子供・孫に払わせたくない・・という方がたくさんでてきているようです。

そこでここで「墓じまい」をし、布施のない霊園へ引っ越してくる方がたくさんいるのだとか。

お布施は大変かもしれないけれど、霊園の年会費(7000円~10000円くらい)なら払えないこともないだろう、という事で、新しく霊園に墓石を建てるようです。しかも、○○家とは書かず「ありがとう」だとか、「感謝」だとか・・・嫁に行った娘が入っても良いような墓石を建てるらしいです。

しかし、お墓って入れる人数が決まっていますよね。

ずーっと先祖代々のお骨が眠っているとして、あと何人同じお墓にはいれるのでしょうか❔

入れなくなれば、新たにお墓を買わなければなりませんよね。

先祖代々のお墓がふたつになるって事❔

すると遠い子孫は、ふたつのお墓を守るって事になるのですかね。

スポンサーリンク

子孫が続かないかもしれない家。

子供は都会に出て行ってしまったり、もしくは、子供ができない、また、女の子しかできなかった・・・など、色々とあるわけです。

すると、お墓に入る人がいなくなる。

お墓の年会費を払う人がいるのかどうか・・・。

そんな心配がでてくるのです。

しかし、お墓に入る人がいなくなっても、霊園は年会費を取り立てなければならない、これは、霊園の方曰く、「借金取りと同じ」ように遠い親族まで取り立てにいくそうです。

すると、孫のまた孫、途絶えてしまっていたなら、その親族、と、最終的には、見た事も聞いた事もないような遠いご先祖の為に、お墓の年会費を払い続けなければならない「遠い子孫」ができてしまうわけです。

またその「遠い子孫」が年会費を払い続けたくない、という事で「墓じまい」をするにあたっては、墓石を壊して、更地に戻して返さなくてはならず、これにかかる費用が100万くらいなのだとか。

「遠い子孫」に迷惑をかけないように・・という事で、

墓石を建てる前によーく考えて下さい。

と、霊園で言われます。

あなたはどうしますか❔

 

土に帰るということ。

永代供養にも色々とあって、

まさに「お墓マンション」のようなコインロッカーに祀られているもの。これには年会費がかかります。

しかし、大きな碑の下にすぐに埋めて「土に返す」というシステムの所もあります。こちらは年会費などはとられません。

私のだんなは、土に帰るのは嫌だといいます。

しかし、私は、コインロッカーにいつまでもいるくらいなら、早く土に帰りたいと思います。

この辺は、個人の感覚の違いなのでしょうけれど・・・。

我が家も、子供は女の子しかいないので、切実な問題です。

そして、先日亡くなった私の父は、

「樹木葬」にしてくれ、と言っていました。

父は、樹木の下に骨壺を埋めてほしかったのか、それとも麻袋に入れられて、土に帰る、というつもりだったのか、今は聞く事ができませんけれど、どうだったんだろう❔

やっぱり、私のダンナと同じように「骨」は永遠に骨壺に入ったままで眠っていたいのでしょうか❔

永代供養は、50年までは前払いで年会費を払えるところもあります。

しかし、50年後は「合碑」になるそうです。

50年も先でも、骨でいたいのかどうか、私にはよくわかりません。

どうして「土」に帰るのは嫌なのか❔❔

しかし、私のダンナは「嫌」と言っています。

んー💦

亡くなってから50年。もういいじゃん、とおもうのですけれど💦

 

家族の気持ち

私の母は、昔の人なので、やっぱり墓石が欲しいんです。

霊園で、その「子孫が続かない人」の話を散々されているにも関わらず、父の墓をどうするか❔という話になると、必ず言います。

「ちゃんとしたお墓がいい」と。

そして

「みやこも一緒に入ればいいじゃない?」と。

私のダンナが嫌がる、と言うと、

「ダンナは入らなくてもいいじゃない」と。

「●●家」とは書かないから、みんなで入ろう、と。

・・・。

みやこのきょうだいも遠方に住んでいるので、恐らく同じお墓に入らないと思います。

きょうだいの子供も女の子。

なかなか難しいです。

 

お墓問題・・・。

あたなならどうしますか❔❔❔

みやこは、娘のためにも、もう「散骨」でいいや・・・とすらおもうのですが💦

だって、無縁仏なんていうけれど、誰かに取り立てがいっているんでしょう❔❔❔

申し訳ないですよねぇ・・・。

初めに行った霊園で、一番最初に言われた言葉

「これまでのお墓の概念はまず捨てて下さい!」

生きるのも大変だけれど、死んだら死んだでとても大変ですねぇ😅

 

そんな訳で、お墓のお話でした。

では。

スポンサーリンク

Follow me!