子宮腺筋症・・・ディナゲストの副作用。老化が止まらない。

心が病むほどの「老化」・・・鏡をみたくない!

子宮腺筋症の治療をされている方、

リュープリン注射やディナゲストで疑似閉経をしている方。

私と同じように「生理痛よりはまし」と考えている方もいると思います。

だって、腺筋症の方の生理痛は半端ではないと思いますので!

でも、年齢が若ければ若いほど、自分の「老化」に悩まれているのでは❔

不正出血も辛いですが、この「明らかに分かる老化」に悩まされている方も多いのではないでしょうか❔

・・・私もそうでした。

出血よりも辛い「ディナゲストの老化」のお話です。

スポンサーリンク

ディナゲストによる老化現象とは。

簡単に言うと

◆ 肌のたるみ・・・全体的に顔が下にさがります😱

 白髪

 髪質・・・ごわつきます。

 抜け毛・・・半端ないです。洗面所が毛だらけ!

 

もともとが「童顔」、白髪もそんなになかった私ですが・・・。

鏡を見るのも嫌になるほど「人相がかわりました」

女としては、とても耐えられるものではないですね。

あの急激な「老化」は。

突然増えた「白髪」

そして、さほど気にしていなかった「ホウレイ線」

すでに44歳になってはいましたが・・・

一気に60歳になったような感覚でした。

普通の女性ならば、年齢を重ね、自然に閉経を迎えるわけで、44歳からいきなり55歳に飛ぶわけもなく、順序があって受け入れられるものなのだと思います。

ところが、薬で強制的に44歳が閉経を迎え55歳の姿にまで老け込むというのは、それは誰が見ても

「どこか具合が悪いの❔」

「病気❔」

と言われてしまっても仕方がないのかな?と。

この時期、私は普通の「カラー」から「白髪染め」に変えました。

化粧品も変えました。

鏡を見るのが大嫌いになりました。極力見ないように努力するようになりました。
見ると心が折れるからです。

不正出血は、量の違いはあっても4か月くらい止まる事はありませんでしたが、この「老化」もつらかったです。

私が手術する事に決めた一番の理由は「出血」ではなく、この「老化」でした。

44歳の私がこんな感じなので、例えば37歳、38歳位の方がこんな状況になったとしたら・・・。

治療をやめても致し方がない事だと思うのです。

私は、この状況でいつも考えていました。

腫瘍マーカーなんてしなければ良かった・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

体重の増加・・・これもディナゲストのせいなのか❔

老化・・・とは言えないかもしれませんが、体重も増加します。

 

顔の老化、ホットフラッシュ、肩こり、そして出血・・・。

何とも言えない副作用に疲れ果てているにもかかわらず、増え続ける「体重」

私の場合45キロ⇒49キロへ。

心は病んで、激痩せしてもおかしくないような心境なのに、それとは裏腹に増え続ける「体重」。

でも、不思議な事に、顔に肉がつかないので

「太ったね」

と言われることがありませんでした。

不幸中の幸いとでもいうか・・・。

あの時、もしも誰かに

誰か
太った❔

 

なんて言われていたら自殺しかねないくらいの精神状態だったと思います。

 

スポンサーリンク

貧血が進み、老化も進み、決断の時。

さて、「不正出血」は止まったりまた始まったりを繰り返しておりました。

この出血が、最初の時とは違ってきていて、最後は「灰色」になりました。

もはや「血」ではないような・・・。

感覚としては、「生理の終わりかけの血」、そして色は「灰色」みたいな❔

この「灰色の血」が長い事続くのですが、いつ初回のような鮮血になるのかもわかりませんので

いつも危機感というか、恐怖心でいっぱいでした。

病院に行くと、必ず

おじーちゃん先生
もうとっちゃいなよ。孫もいるし、もう子宮いらないでしょう。その方が楽だよ(-“-)

お約束のこの言葉を言われ

追い詰められたのか? よくわかりませんが

私の答えは

わたし
これ、治療をやめたらどうなるのですか❔あと数年普通に生理があったとして、 これ、死ぬわけじゃないですよね。

これでした😢

それの返答が

おじーちゃん先生
でも、あなた相当生理痛がひどかったはずだよ。そんなのを毎月繰り返すよりは取ってしまったほうが絶対楽だから。あなたがこれから出産する人ならこんな事は言えないけれど、あなたもうお孫さんがいるんでしょ❔

・・・。

さらに、

おじーちゃん先生
今は背中から入れる麻酔もあって、痛くないようになってるから。怖がることはないんだよ。

 

「背中から入れる麻酔」の事は知っていました。

もう、ひたすらネットで「子宮腺筋症」を検索してきた私ですから。

しばらくはおじーちゃん先生とこんなやり取りが続いたあと、やはり決断しました。

 

 

 

本来の年齢に戻りたい。

自分の顔の老化にうんざりしていた私は決断するのです。

ただでさえ、これからどんどん老けていくのに、今から60歳の顔をしてたのでは、人生もったいないですから!

 

わたし
お願いします

 

おじーちゃん先生
子宮はとっても、卵巣はあるから普通に閉経するまでは女性ホルモンも出てるし、今より調子もよくなるはずだよ。

 

女性ホルモンを出して、元の姿に戻りたい。

「気が変わらないうちに」という事で

1か月後に手術の予約をなかば勝手に入れられるわけですが、

この後、さらに半年リュープリン注射を打つことになります。

 

★-★-★-★-★  ★-★-★-★-★   ★-★-★-★-★

 

せっかく決断したのに、また半年も注射を打つことになってしまい、

この後、またしても精神を病むことになってしまうのです。

これは、「開腹手術」か、

「腹腔鏡手術」にするか、

はたまた、「保険のきかない高額手術で子宮を残すか」

往生際が悪いですね、わたしって(=_=)

 

 

 

 

ホルモン

子宮をとって薬をやめると、本当に若返るのですから、ホルモンって凄いですね。

手術前と手術後と、顔が全然違いますので。

生えてしまった白髪はどうにもなりませんし、体重も微妙ですけれども、顔の「たるみ」だけは本に戻りますよ(^^♪

不思議ですね・・。

手術直後は、痛くて辛かったけれども、今となっては本当に良かったと思います。

勇気のある方は、早めの決断をおすすめします✋

ではでは✋

 

 

スポンサーリンク

Follow me!