子宮全摘出その後、夫婦生活の不安ってありますか?

不安だけど、聞くのもちょっと・・・。子宮摘出後の性交渉。

KOU2301さんによる写真ACからの写真

先日、人から

「子宮をとったあとは性交渉ってどうなの?」

と聞かれました。

なんと、男性から。

夫側の方からですね。

手術をする本人は、手術のことでいっぱいいっぱいですが、

「その後の生活」もちょっとは気になるところです。

しかし、夫側のほうも、やっぱり気になるのでしょうね。

無理な事はできないし、かといって全くふれあいがなくなるのも・・・。

といったところですかね。

でも、これ、私もやっぱり気になりました。

スポンサーリンク

これは、個人差があるとしか・・・。

では、子宮をとってしまった後の夫婦生活ってどんな感じなんでしょうか?

これは、

人によっては、「苦痛でしかなくなってしまった」

「何も感じなくなった」

という方もいれば、

「特に何も変化なし」

「これまでと一緒」

「妊娠しないので、これまでよりも楽しめるようになった」

という方もいるようです。

 

また、私がヤフー知恵袋でリサーチした時には

「感じる場所が変わってしまった」

などという質問がありました。

「あの場所は、子宮と一緒に切られてしまったのでしょうか?」

みたいな感じの質問でした。

それについての答えは

「取られてしまったのかもしれませんね」

「また夫婦で、新たな場所を開拓してみたらどうですか?」

そんな感じでしたね。

 

手術が終わって初めての営みは、

やはり怖いです。

いくら医師が「もう大丈夫」と言ったとしても、

怖いです。

苦痛と思う方は、

もしかしたら、この恐怖心が強いのかも?しれませんね。

私がそうだったので。

スポンサーリンク

「苦痛」のほうの人は本当に辛い。

個人的には、

私は「苦痛」のほうでした。

若い夫婦ではないので、そんなに頻繁に営みがあるわけではありません。

しかし、その「たまの営み」も非常に苦痛で、辛かったです。

もしも、あれが頻繁にあったとしたら・・・。

正直離婚していたかもしれない

というくらいに深刻でした。

何が苦痛って・・・。

「無」というか「痛み」というか・・・。

激痛という訳ではないのですが、どちらかというと痛い?みたいな。

「苦痛」なので潤いもなく、これがまたさらに「苦痛」。

たまの事なので、どうにか耐えましたけれども・・・。

「よそですませてくれ」とは言えませんが、言いたくなった事もあります。

そんなこんなでも、月日は過ぎて、

そのうちに、行為自体が消滅しましたので、ほっとしています。

ほんとに。

 

 

医師に直接聞くのも手。

子宮全摘出後の性生活の事は、

どうしても気になる方は、医師にはっきり聞いてみるものいいかもしれませんね。

手術をする前に心配事は消しておいたほうが良いですから。

きちんと答えてくれると思いますよ。

術後

聞いてもないのに

「もう、しても大丈夫だよ」

と言ってくれるのは医師ですから。

スポンサーリンク

仲よく話し合う。

もしも

子宮全摘出後、

夫婦生活が苦痛になってしまったら・・・。

仲良く話合う事ができればいいですよね。

私は、めんどくさくて、そんな努力もせず、

ただただ、耐えて忍んできましたが、

接触する機会がたくさんある方は、いつもいつも我慢するのも辛すぎます。

きちんと苦痛なら苦痛と言って、

解決策を夫婦で話し合ったりすると、随分と気が楽になるのでは?と思います。

なるべく苦痛を感じない「やり方」とかもあるのかもしれないですし。

という事で、

子宮全摘出後の夫婦生活についてでした。

スポンサーリンク

Follow me!