それぞれの断崖7~遠藤憲一さんを見ていたら思い出した「元ダンナ」

元ダンナがこんな感じだったような。

イライラドラマな「それぞれの断崖」

いい大人が、

なぜ一緒に住まなければならないのか、さっぱりわからない。

隠れてコソコソやってればいいものを、なぜか「一緒に暮らす」ことにこだわる、このおじさんとおばさん。

色ボケじじいとばばあ・・・としか思えないこのドラマ😱

でも、

私のダンナも、こんな感じだったな、と思ってしまったり(笑)

あ、うちの娘は素直に生きていますけれどもね☝

スポンサーリンク

誰の助言も聞けないという「初老」のオヤジと「加害者母」

さっきもいいましたが、なぜ一緒に住む???

100歩譲って、お付き合いをしているのは仕方がないとして・・・・。

初老のじじぃとアホな加害者母親が一緒に住んで、そして、人を殺した息子と一緒に暮らすとは・・・😞

 

よくもまあ、難あり息子に

「母さん、好きな人がいる」と言えたもんだ😞

このじじ・ばば二人は、弁護士の言う事もきかず、美佐子の話にも耳をかさずに、ありえない道を突き進んでいくのです。

被害者父は、会社をやめてまでも、加害者母にいれこみ、「決めたことだ」

と、頑固に我が道を行く。

 

こんな親の子供に産まれなくてよかった、としかいいようがない。

 

母親がアホなのは、もうよーーーくわかっているけれど、

遠藤さん😢被害者親ね☝

気持ち悪すぎる。

しかし、

・・・ああ、うちの元ダンナもこんな感じだったな、と思って見ていました😞

スポンサーリンク

子供より、女、という男。

私の元ダンナも、この遠藤憲一さんのようなタイプだったな、と思って見ていました。

意味不明な責任感???

とにかく、「似てる」(顔ではありませんよ😊)

この手のタイプは、本当に「嫁」としては、苦労しかない。

しかし「不倫相手」からすれば頼もしい限りなんですよ。

 

女の機嫌をとるために、自分の子供よりも「不倫相手の子供」を可愛がる、
または可愛がる努力をする、と約束してしまう、
とにかく女が大事で、女が喜ぶような言葉を言い続ける。

アホな男は仕方がないとして、

母親はどうなんだ。

上手くやっていけるとでも思っているのか?

 

でも、みつるくんは、

「きょうすけ君のお父さん」と一緒に暮らす事になってしまって

初めて

「あんな事をしなければよかった」

と反省するのかもしれないですね。

「殺人」さえしなければ、普通にお母さんと2人で暮らせていたのだから・・・。

まあ、みつるくんに同情はしませんが、

母親があんなだと、ちょっと気の毒にはなってしまいます。

それにもまして、遠藤さん。

男の人って、自分で痛い思いをしてお産をしているわけではないので、

「じぶんの子供」という意識って女の人より薄いと思うんですよ。

なので

このドラマのように「加害者の母」に惚れたりした日には、

殺された息子の事は「二の次」になってしまう。

自分の経験上、そんな風に思ってしまい、

さらに「遠藤さん」が嫌いになってしまいました(笑)

 

美佐子はもっと頑張れよ!

嫁である田中美佐子さん。

もっともっと怒ればいい

誰に怒る、といえば、遠藤さんに、です。

「物分かり良すぎ」でイライラする。

本来は、「可哀想な嫁」なハズなのに😞

まあ、怒っても色ボケじじいは何も変わらないので、諦めているのかもしれませんけれど。

私なら、理性を失いますけれどもね。

このあたりは、ただの不倫とはわけが違いますからねぇ😞

スポンサーリンク


そんなわけで、連休中でかけていたので、録画を見るのも遅くなってしまいましたが、

安定の「イライラドラマ」なはずが・・・。

「ああ、こんな男いるいる😞」と

結婚していたダンナを思い出すドラマになってしまいました。

遠藤憲一さん、好きな俳優さんだったんですが😅

あまりに演技が上手すぎて、

嫌いになってしまいました😞

田中美里さんの声を聞くと、「チェジウ」さんを思い出すし、

良い事がないドラマなんですけれど、

もう、最終回には、3人で「それぞれ」が「断崖」から身を投げると良いと思いますよ☝

3人とも、色々と業を背負って、どうぞ・・・という感じですかね😞

見ていると辛いしイライラするだけなのに、それでも見てしまうこのドラマ。

最後まで見れば、

何を言わんとしているか、が見えてくるのでしょうか・・・。

見えるハズ!

と思って見続けているのですがね(笑)
共感ができそうもない感じがします😞

ではではまた~✋😊

スポンサーリンク


;

Follow me!