テセウスの船⑨~シンさんと小藪さん、どちらがむかつきましたか?

小藪さん、昭和の警察官そのもので、時代は平成だろ。みたいな。

テセウスの船、どうでしたか。

私は、シンさんのトロさにもイライラしつつ、

小藪さんには、イライラというよりは、殺意が芽生えてしまいました(笑)

でも、よーーーく考えると、シンさんがアホだから、こんな事になっている!

なぜに未来を知っているのに、こんなに後手後手というか、ハアハア言っているだけで、何の対策もできないし、おどおどしているだけで、まともな言い訳も思いつかない。

使えない。

としか思えないのですが、

小藪さんの昭和の刑事っぷりにもまずまずむかついて、もう疲れました(笑)平成の話なのに・・・💦

 

スポンサーリンク

もう、結局文吾さんが犯人なんじゃね!

文吾さんも、さすがにシンさんの父親って感じで、使えないし、

シンさんは言わずもがな(笑)

もうね、実は文吾さんが犯人なんじゃないの?

もう、ここまでくると、

「シン、ごめんな、実は父さんが犯人なんだ😢」

みたいなのもあり?

どうしても、「死刑囚」になる事を回避しているようには見えなくて。

もしも、本当に犯人ではなければ、

息子である「シン」が、使えなくて、本当にお気の毒に。と思ってしまう。

せっかく未来から来ているというのに、何の役にも立たない。

ただの役立たず。

スポンサーリンク

毎週のシンさんへのイライラが小藪さんへ移行した。

シンさんにイライラしているにもかかわらず、

今週からは、さらに「小藪さん」が登場してきました。

ユースケさんが生きている時にはいなかったハズなので、この人が実は犯人なのかもしれないですね、

と、自分で書いていても、今更小藪さんが犯人とか言われたら、

呆れてしまいますけれども・・・😞

シンさんに、これだけイライラしているので、新たなイライラキャラはいらなかったのになぁ・・・。

小藪さん、陸王の時は、まあ、無視できる役でしたけれど、

今回、こんなラスト2回目くらいで、強烈にイライラさせてくれて、いい迷惑ですね。

最悪なうえに、この役必要か?

なんなんだ。小藪さん。




77年といえば、「カルメン’77」byピンクレディー♥

令和に戻ってこないなぁ、と思っていたら、今度は1977年のお祭りの話になってしまった。

1977年といえば、ピンクレディーが「カルメン’77」という歌を歌っていたと思う。

あの校長先生、森昌子や百恵ちゃんの話はするけれど、あんなに人気だったピンクレディーの話をしないのが、ちょっと違和感。

まあキャンディーズでもいいんだけれど。

校長先生、怪しすぎるのは、フェイクなのか???

さつき先生と校長先生の関係も、なにやら微妙な感じだし、これはどうなの?

来週最終回らしいけれど、納得いくようなラストになるのかしら?

 

まあ、そんな感じで、

小藪さんがむかつきすぎて、この人、演技がうまいのかしら?

と、思ってしまいました。

「悪人顔」は、凄く上手ですよね、小藪さん。

誰が犯人か、凄く楽しみにしていたのですけれど、

個人的にはもう、

「無罪を主張しているが、実は佐野文吾が犯人」

でいいと思います。

私の中では、それが一番しっくりきてしまう。

最終回どうなるのでしょうかね。

初めて出てきた人が犯人っていうのだけはやめてほしいかな。

そんな訳で、みなさんも来週をお楽しみに~♥

✋✋✋




Follow me!