夜のお菓子♥うなぎパイ、本当の意味は⁉無料でお土産付きのうなぎパイファクトリー♪

うなぎパイ工場見学。無料なのにお土産付き~♥

 

先日浜松城&浜松エアパークに行ったあと、

最後に、「うなぎパイファクトリー」に行ってきました😊

⇒浜松城の記事はこちら

⇒浜松エアパークの記事はこちら

こちらは、うなぎパイができるまで☝をガラス越しに無料で見学させてもらえます。

さらに、受付で人数の確認をすると、人数分の小分けされた「うなぎパイ」を頂けるという、おいしい場所なんですよ~♥

工場は、ほとんどが「流れ作業」

まじめに見ていると色々とびっくりします。

もうね、本当に「人間いらない」せかいです😞

なかなか面白いので、遊びに行ってみて下さいね~(^^♪

スポンサーリンク

美味しいうなぎパイができるまで、に興味津々。

工場に着くと、まずは、申し込み用紙に代表者の名前と、それから住所、参加人数を記入して受付に出します。

受付の人
全員で来てください

と言われるので、ダンナと孫を受付まで呼ぶと、

受付の人
はい、

と3つの小分けにされた「うなぎパイ」をくれました♥

そして、

受付の人
  いってらっしゃいませ。

と言われて、工場見学開始です。

私たちの前には、「予約」をしてガイド付きで見学をされている方たちがいらっしゃいました。

可愛らしいガイドさんの声が聞こえます。

まあ、どちらも無料なので、どさくさに紛れて後ろの方でガイドさんの説明をがっつり聞いてしまいました。

「企業秘密」という部分もありましたが、

毎日作るうなぎパイ、距離にするとどれくらいになるか❔

とか、

うなぎパイをこねる職人さんのお話とかを聞かせてくれます。

あまり長いと退屈ですけれども、そこそこな感じで面白かったです。

2階に行くと、出来上がったうなぎパイをパッケージしていくベルトコンベアーから始まり、

それを袋詰めし、箱詰めし、フタをしめて、包装紙をかけて、堤み、シールをはり、まとめて大きな段ボールに入れ、そして倉庫へ・・・

と、全部がそのコンベアーで流れ作業になっていて、

すげー😱

と、びっくりしますよ。

人は、ちらほらいますが、

目視検査をしていたり、という感じですかね。

規則だたしく出来上がっていくうなぎパイちゃんたち。

素晴らしいです💪

スポンサーリンク

夜のお菓子と言われるワケと本当のところ。

うなぎパイといえば、

「夜のお菓子」で有名ですよね。

でも、作ったうなぎパイ側の方たちにはそんな意図はなかったようです☝

なぜそんな、割と「下ネタ」系のお菓子になってしまったか、というと・・・。

 

うなぎパイには、絶妙な感じでにんにくが入っているからだそうですよ。

ニンニクといえば、やっぱり滋養強壮ってイメージですからね。

しかし、本来は、

夜に家族で団らんしながら食べるお菓子。

という意味だったそうです。

まあ、どちらにしても、知名度はバツグンですし、それに美味しいので、いいですよね💛

スポンサーリンク

シアターもカフェも。

工場が見られる場所でガイドが終わり、その後は、シアタールームに入ります。

なんだかおしゃれな床の廊下を通りすぎると、

カフェがあります。

こちらのカフェは、うなぎパイを使用したスイーツが販売されています。

これがまた、めちゃくちゃ美味しそうでした!

待っている人がたくさんいたので、入れなかったのが残念😞

うなぎパイ、さすがだな。

後ろ髪をひかれるおもいで1階にもどると、

出てきた場所は「お土産やさん」です。

うなぎパイファクトリーは、無料で見学できる工場ですが、

帰りにお土産を買って下さいね、といういわば「お土産やさん」も兼ねた施設だと思います。

沖縄でいえば「名護パイナップルパーク」のような感じですかね。

私たちは、前にも一度夫婦でココに来たことがあるのですが、

なんと、その時は、お土産を買わずに、頂いたお土産を2つ握りしめて帰って来たので、今回は、「アーモンド入り」を2つ買って帰りました(笑)

うなぎパイアーモンド入り。おすすめですよ~。

 

そんな感じで、孫は、アイスも買いましたよ。

アイスは別に「うなぎパイ」味ではありませんでした😊

 

無料でおいしい「うなぎパイファクトリー」

ぜひ行ってみて下さいね~。

そして、うなぎパイアーモンド入りをお土産にどうぞ♥

 icon-share-square-o うなぎパイファクトリー

浜松日帰りのお出かけ、とっても楽しかったです😊

それにしても浜松は、「無料」施設が充実していて優秀ですね~・・・。

ではまた✋

スポンサーリンク


Follow me!