和田アキ子さん、お顔に違和感・・・と言われているようですが。

そのうち慣れるでしょ。

和田アキ子さん、昨年の11月に目瞼下垂の手術をしたところ、それがどうにも納得ができず、もう一度やり直す、とおっしゃっていましたけれど、無事に終わられたようですね。

よかったですね。

それにしても、芸能人は、「顔」を知られているので、

ちょっとの違いでも

「顔違う」

「目、どうした❔」

などと言われてしまうのでなんだか気の毒です。

スポンサーリンク

手術失敗とは。

和田さん、一度目の手術は失敗というか、ご自分が気に入らなかったようですが、

私は、その気持ち、痛いほどよくわかります😞

もうね、可哀想で可哀想で・・・。

和田さんは、人前に立たなくてはならないので、心を病むのもわかりますが、

ひきこもりの私だって、心が折れました・・・。

/

もう一度手術を受ける勇気はないので、和田さんは、ものすごい勇気がある人だと思いました。

でも、私は和田さんを見ても全然違和感がありませんでしたけれども。

ご本人が気にしているほど、まわりは気にしていないのかもしれません。

わたしもそうです。

母曰く

全く変わらない

との事ですが、

変わりたくてやった施術で変わらないのも問題だし、

顔がボコボコになったのも大問題なんですけれどもね、私的には。

ようするに私の事なんて、私以外の人は、ほとんど見ていない、という事です。

いずれにせよ、2度目の手術は、和田アキ子さん気に入ると良いですね。

スポンサーリンク

若いころには戻らない。

こんなことをつらつらと書いてしまう私も相当病んでいると思うのですが(笑)

どんな手術をしたところで、若いころと同じには戻らないのです。

和田さんももうすぐ70歳という年齢だそうで・・・。

思ったような目にならなくても仕方がないのかもしれません。

きっと目だけ施術をしても、全体のバランスが悪くなってしまうのかもしれませんねえ。

でも、そのうちに慣れるんじゃないですかね、

しつこいようですが、私は和田さんの「目」別に何ともおもいませんでしたよ。

まあ、励ましにもなりませんが、

メンタルトレーニングに通うほど病んでしまったようなので、

2度目の手術で、ぜひ元気になってほしいです。

スポンサーリンク

眼瞼下垂になったら。

それにしても【眼瞼下垂】になってしまった時は、一体どうしたらよいのかしら。

怖い【病気】ですよね。

なんでも瞼がたるんで視界が悪くなるのだとか。

ただでさえ老眼鏡がないと不便になってしまっているのに、さらに視界が悪くなるだなんて・・・。

病気なので、整形外科で普通に保険がきく手術ができるそうなのですが、

あくまでも「視界をよくする」感じの手術で、見た目のきれいさなどにはあまり配慮してくれないようですよ。

美容整形外科だと、全額自己負担ですけれど、

美容整形というだけあって、きちんとカウンセリングをしてくれて、見た目に気を配った手術をしてくれるらしいです。

そうなると、もちろん、「美容整形クリニック」を選びたいところですが、

めちゃくちゃ高そうですね。

私の糸リフトで220,000円ですので(笑)

どうにか予防したいところですねぇ😞

瞼、というところで、頭皮のマッサージとか良さそうですけれども、どうなんですかね。

後は、全体的にたるまないように、丁寧なスキンケアをするとか、しかないのかもしれませんね。

【眼瞼下垂】になるくらいなら、毎月のスキンケアに多少のお金をかけても仕方がない感じがします。

手術でドーーーンと高額だすか!

毎月、数万のスキンケア代ですますか・・・。

考えどころではないでしょうか。

私は、ゴルゴラインに悩んでいますが、眼瞼下垂のほうがよっぽど怖いと感じてしまいましたよ。

スキンケアは、めちゃくちゃ評価の高い

こちらが絶対おすすめですよ。

なんせ「ロキソニン」ですからね。

ロキソニンは、万能です(笑)

インフルエンザの時にもうっかり飲んで、結果元気になってしまったくらいなので。

 

 

それからインナーケアだと、こちら。

ちょっと高いけれど、高いことに納得です。



和田アキ子さん、術後まで2週間という事なので、まだまだ腫れがあるハズです。

わたしの顔も1か月後が「完成形」といわれましたので。

なので和田さんも、今少し耐えて、ぜひきれいに元気になってほしいです。

では✋

Follow me!